グラデーション特集
9363elaine
9341
102子供部屋
16チェック柄
15
17
8857
よくある質問はこちら

リビングをおしゃれに変わるリビングカーテン

カラーリングをリメイクした個性的なリビングカーテン""

       リビングは一般的な大きい掃き出し窓が配置されているので、リビングカーテンのカラー、柄 や質感より空間のイメージ柄大きく左右されます。 いかに心地よく過ごせるかや、インテリアの組み合わせを意識してリビング向けのカーテンをご紹介します。
       リビングカーテンを上手に選んで、おしゃれで快適な空間創りを目指しましょう。

1.リビングのタイプに合わせるカーテンを選ぶ

 
 
     洋風のリビングカーテン:
     洋風のリビングは、フローリング×白い壁の組み合わせが主流です。茶色やベージュ、白色がベースカラーとなるので、リビングカーテンはこのベースカラーになじむ色を選ぶとお部屋に統一感が生まれます。  
     たとえば、ナチュラルな雰囲気のリビングには同系色のベージュやアイボリー、明るい窓辺を演出するなら温かみのあるオレンジ系やグリーン系、シックな雰囲気がお好みなら落ち着いたブラウンがおすすめです。そのような色味のドレープカーテンに、テイストの合うレースカーテンを合わせるとおしゃれに仕上がります。
また、洋風のリビングは草木柄や花柄など、柄物のカーテンも取り入れやすい空間です。壁の色やインテリアスタイルに合わせて考えると、ご自宅のリビングに合う柄を上手に選べるでしょう。

和室にぴったり合う質感の和室リビングカーテン""

          和室のリビングカーテン:
          和室タイプのリビングには、障子が使われることが多いため、リビングカーテンはマッチしないイメージがあるかもしれません。しかし、あえてリビングカーテンをつけることで、お部屋の印象をよりおしゃれに変えることもできます。
      和風に合うリビングカーテン選びのポイントは、和室の持つ雰囲気に適した色や素材を選ぶこと。和室は全体的に落ち着いた色調なので、リビングカーテンの色やデザインを合わせるとバランスよく仕上がります。  おすすめは、和室のベースカラーと同系色であるベージュやブラウン、グリーンなどのアースカラーです。柄物のリビングカーテンを選ぶ場合は、落ち着きのあるシンプルなタイプを選ぶとよいでしょう。
      また、和風のリビングには木や竹など自然素材の家具を使うことも多いため、リネンやコットンなどの天然素材のカーテンがマッチします。選ぶ素材によって印象が大きく変わるので、イメージするリビングの雰囲気に合わせてリビングカーテンの素材を選ぶことも大切です。(出典https://www.wardrobe-sangetsu.jp/blog/detail/b35/)

2.おすすめのリビングカーテン

 
立体感のある花柄レースが繊細で美しいリビングカーテン
                          立体感のある花柄レースが繊細で美しいリビングカーテン
商品詳細はこちら
 
シンプルで可愛いのリビングカーテン
                                       穏やかな部屋を作るリビングカーテン
商品詳細はこちら
 
緑の植物がプリントされたリビングカーテン
 植物が刺繡されたリビングカーテン
商品詳細はこちら