グラデーション特集
9363elaine
9341
102子供部屋
16チェック柄
15
17
8857
よくある質問はこちら

遮熱カーテンの選び方

三角柄遮熱カーテン

1.遮熱カーテンの効果

 
       遮熱効果は太陽光などを反射させるなどの方法で室温の上昇を抑えるので、外気温が高い日中でも閉めたままにしておきやすいレースカーテンで選ばれることが多いです。
       もし、遮熱レースカーテンを閉めてもまだ日差しが強いと感じる場合には、遮熱効果の付いたドレープカーテンを閉めてしまうのも一つの手段。
        遮熱のドレープカーテンを閉めると外の景色は見えなくなってしまいますが、 しっかり外からの熱線を防いで室温の上昇を抑えてくれます。

2.遮熱カーテンの特徴

 
         遮熱効果が高くなればなるほど生地がしっかりして光を通しにくくなるので、部屋が暗くなってしまいます。 部屋の中から外の景色を見たいと思ってても、実際に使ってみると、思ってたイメージと違ってしまうかもしれません。買う前によ~く確認してみてください(出典:https://mi32hiroko.com/archives/656)
 

          厚地の遮熱カーテンの特徴

           昼間のギラギラした太陽光線を、繊維密度の高い分厚い生地がしっかりと遮ってくれます。 窓を遮熱カーテンで覆っておけば、真夏の夜に仕事から帰った時に、部屋の中が昼間のムゥ~っとした熱気に包まれている、な~んてことはありません。 また、冬の寒い日は、暖房器具で暖められた室内の空気が窓から逃げないので、室温を一定に保つことができます。
 

          薄地の遮熱カーテンの特徴

             厚地タイプと違って、これは生地が薄いです。 薄くても熱をしっかりと反射し吸収します。セラミック(石)を織り交ぜて作った生地で出来てるので、手触りが少しゴワゴワしてるように感じるかもしれません。 ポリエステル生地のものは、家で手軽に洗えます。汚れても自分で洗えるので、いつも清潔に使えます。

3.おすすめの遮熱カーテン

シンプルなレース付け遮熱カーテン
シンプルなレース付け遮熱カーテン
商品詳細はこちら
 
グラデーション色の遮熱カーテン
グラデーション色の遮熱カーテン
商品詳細はこちら
 
星柄の遮熱カーテン
星柄の遮熱カーテン
商品詳細はこちら
 
花柄がプリントされた遮熱カーテン
 
商品詳細はこちら