グラデーション特集
sale
9363elaine
9341
102子供部屋
16チェック柄
15
17
8857
よくある質問はこちら

 カーテン人工素材知識

 

化学繊維(合成繊維)

 木綿や絹などの天然繊維に対し,純化学的に合成でできた繊維。多くの合成繊維が作られた。大別して,ポリアミド系,ポリエステル系,アクリル系,ポリビニルアルコール系などがある。一般に合成繊維は天然繊維に比べ,強度や耐水性にすぐれているが,燃やされやすい,静電気がおきやすいという欠点を持ています。しかし、これらの欠点を改善しつつであります。

 

ポリエステル

 ポリエステルを素材にしたカーテンは基本的に家庭の洗濯機でケアすることができ、天然素材のカーテンよりも長持ちする。乾きが早いし、虫にも強い、軽くて運搬安い、燃えにくい。遮熱、遮像、防音などな機能性も豊富。低コストで生産のため、値段的も安い。または加工後さらにで調整できます。

 短所は毛玉が出来やすい、帯電性があり静電気を溜めやすい。汚れると洗濯し難い、。吸湿性が悪い、水分が吸収されたままだと通気性が悪くなり。

 

アクリル

アクリル繊維(アクリルせんい)とは、アクリロニトリルを主原材料にした合成繊維のこと。

 長所はアクリロニトリルのをメインととしての合成繊維です。羊毛のような性質を持ち、軽くて、風合いもうよし、保温することも出来ます。弾力がある、シワになりにくく、乾きが易い、日光や外気にで室内の温度に影響されにくい保湿性に優れている。短所は毛玉が出来やすい、静電気がおきやすい、熱に弱いので燃えやすい、汚れると洗濯し難い。

 

ナイロン

ナイロンは最初の合成繊維であリます、化学繊維の中で最も歴史長い繊維のひとつであります性質は絹に最も似ています。長所は長所は強い弾力に優れる、虫やカビに強い、伸び縮みしたり、形くずれするを心配することはありません、乾きが易い、摩擦に強い、薬品やカビに強い。短所は吸湿性がし難い、日光やガスに長く浴びると黄色になりやすい、高温に弱い、燃やされやすい、静電気を起こりやすい。

【出典サイト:www.cucannetshop.jp/contents/howto/

 

 

お勧め商品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化学繊維(再生繊維)

 再生繊維は化学繊維の一種、再生繊維は、木材パルプなどのメインよしてセルロースのを科学的に取り出し、繊維に再生させたものです。再生繊維は化学繊維の中でもっとも吸湿性に優れている、柔らかくドレープカーテンのような性質を持っています、色に染めされやすい。

 

レーヨン

 レーヨンはパルプを原料とした再生繊維です。長所はフィラメントとステープルの2種類性質を同時持っている、吸湿性が優れる、染色しやすくて、ドレープ性ながら光沢ある、手触りがよし、環境にやさしい。短所は濡れやすいので、さらにぬれると繊維強度が低くなる、

洗濯するときに気お付けないと、縮みやすい。それに羽立ちやすい。

 

キュプラ

キュプラの長所は手触りが気持ちい、シワに心配することがない、光沢性が持っています、静電気が起きにくい環境にやさしい。短所は繊維強度が低くなる、低くなる、縮みやすい、乾きにくいなどがあります。

【出典サイト:www.dinos.co.jp/c3/002007001/1a1/

 

お勧め商品